外資系転職をすることのデメリット

仕事の成果が上がらない場合に大きく年収が減少するリスクがある

外資系転職は上昇志向の強いビジネスマンの間で関心が集まっていますが、日本企業とは異なる人事のシステムが採用されているところが多く、転職後に様々な悩みを抱えている人もいます。たとえば、海外に本社がある外資系企業においては、営業職や企画職といった仕事の成果をデータ化しやすい職種は実力主義の風潮があり、収入アップを目指すには上司やクライアントからの評価が重要となります。そのため、外資系企業で初めて働く人は、希望通りの収入を得られるまでに時間が掛かるといった問題点があります。また、若手の社員が活躍している企業の中には、中途採用者の前職の経験を給料に反映しないところも珍しくなく、収入にこだわって転職先を決めたい場合には注意が必要です。

急に国内外の支社に転勤を命じられることもある

外資系企業は、年齢や性別、経験などによるハンデが少なく、誰でも出世のチャンスが与えられている一方、事業の方針転換や欠員の発生などにより、前触れもなく国内外の支社に転勤を命じられるリスクもあります。そのため、同じ職場でキャリアを積みたい人や、近い将来に一戸建てを購入したい人は、中途採用の面接を受ける際に、採用後の転勤の可能性についてきちんと担当者と相談することが大切です。たとえば、多様な人材を受け入れている外資系企業においては、転勤がない地域限定社員の採用に力を入れているところも多くあります。その他、外資系企業によっては、事業部長や課長など責任がある役職者を任命する際に、過去の転勤の回数が重視されることもあるため、自分のキャリアプランに合う企業を探しましょう。